歯の模型を持つ人

歯科で矯正して人生が変わる|毎日ニコニコ快適生活

自分の歯を守ろう

歯科

つくりものの歯のお話し

差し歯とは自分の歯の根っこを使って、歯茎より上のつくりものの歯を根っこに差し込む「作り物の歯」です。歯茎より上の歯が残っている場合は、詰め物やかぶせ物と言われる作り物の歯で削ったところを覆う治療になります。根っこまで虫歯になった歯は根っこを抜く「抜歯」になり、根っこの代わりとなる金属を土台にし歯茎より上の「作り物の歯」を差すインプラントや、部分入れ歯、ブリッジなどを使用する事になります。差し歯は、自分の歯の根っこは残っていますが、本来根っこの中にある神経を抜く処置が施されており、歯が脆くなっているので、土台が虫歯になったり欠けたりし、いずれは抜歯となる事が多いです。根っこだけなら抜いてしまいたいと言う人もいますが、抜歯してしまうと、インプラントは自費治療で顎の骨を削ることが必要になります。また、部分入れ歯、ブリッジは抜歯した隣の健康な歯を削ることが必要な治療となります。その為、根っこだけでも自分の歯が残っているということが、歯、口腔内全体の健康にとっては重要な要素となります。

歯の根っこを守るために

大事な歯の根っこを守るためには、虫歯菌、歯周病菌を口腔内に増やさない口腔ケアを継続することが大事です。歯と差し歯には段差があり、その部分は歯茎がかぶさるので意識して歯磨きをしないと虫歯になりやすいので気を付けます。歯科検診で定期的に歯石とりなどのケアを受けるとよりよいです。差し歯の種類は保険適応のものから、自費のものまでいろいろあります。見た目を優先したい前歯や、強く噛むことを優先したい奥歯、他の歯の状態、かみ合わせなどを考慮して材質を選ぶことで、根っこの寿命が長くなり、口腔内全体の健康に大きく関与するので、歯科医とよく相談します。相談にのってくれ、説明をきちんとしてくれる歯科医を選ぶことも大切です。