歯

歯科で矯正して人生が変わる|毎日ニコニコ快適生活

身体への負担が少ない

子供

インプラントは顎の骨に埋める人口の「歯根」の事です。これはチタンで出来たものが多く、チタンは錆びにくく軽くて丈夫な金属です。また身体に害も少ないため、負担もかからず健康的な歯に出来る点で人気となっています。今後は専門的な治療を導入する歯科医が増え、更に安全な治療を受けられると予測出来ます。

詳細へ

自分の歯を守ろう

歯科

差し歯とは、歯の根っこに「作り物の歯」を差し込むことです。根っこがなくなると、入れ歯やインプラントを使用することになってしまいます。自分の歯の一部の根っこを大事にケアし長持ちさせることが口腔内全体の健康につながります。

詳細へ

歯を美しく保つには

女性

タバコを吸う方や、ワインやコーヒーを頻繁に飲む週間のある方の多くは歯が黄ばんでしまうステイン汚れが目立つ場合が多いです。効率よく歯をクリーニングする方法として東京にある審美歯科でホワイトニング治療を受ける方が増えています。

詳細へ

綺麗な歯を手に入れる前に

医療器具

治療費を安くする裏技

歯の矯正を躊躇している方がいれば、迷わず矯正をお勧めしたいです。と言うのも筆者は学生時代は歯並びが悪く、いわゆる出っ歯でした。それがとてもコンプレックスで人前で笑うのも苦手でしたし、性格もどんどん内向的になってしまいました。矯正をした今では、人前でも笑うことができ、性格も以前よりもずっと前向きになれたのです。社会人になってお給料をもらい始めてから歯の矯正を始めましたが、毎月の矯正にかかる費用はそれなりにかかりました。歯の矯正は審美扱いになり、保険が適用されないのです。しかし安心してください。治療は全額負担になりますが、専門医の診断書に治療目的としてもらえば医療費控除を受けることが出来ます。つまり確定申告をすれば、支払った税金の1部が戻ってくるのです。治療を受ける本人でも、お子さんでも適応しますので知っておいて損はありません。昔歯の矯正をしたけど知らなかった、という方も5年以内なら控除の対象になりますのでぜひ活用しましょうね。

歯科選びはとても重要

とは言え、歯の矯正にかかる費用は大金です。矯正歯科でかかる費用は80万〜150万は見ておいたほうが良いでしょう。また、中にはリテーナー期間(歯列矯正後、歯が後戻りしないように経過観察をする期間のこと)の診療は別料金をとられる歯科もありますので、後から後悔しないようにトータルの金額はあらかじめ確認しておくと安心です。お金も大切ですが、医師との相性もとても大切です。歯の矯正が始まると、年単位のお付き合いになります。ちょっとでも疑問に思ったことや、希望を伝えやすい歯科を探しましょう。先生の言うままに治療をしたら思っていたのとは全然違う仕上がりになったということになったら大量の時間もお金も無駄にしてしまいます。医師との相性と予算、出来ればアクセスの良い条件でいくつか探してみて納得のいく歯科を見つけてくださいね。